読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バフのToSプレイ日記

Tree of Saviorのプレイ日記です。

防衛戦クリアについての個人的な感想とメモ。


といっても試行回数がそれほど多いわけでも無いし、レベル帯によって難易度が変わる可能性もあるので、やり方は人それぞれだと思うのだけれど。
一応、特定の方とのペアであれば、コンスタントにクリア出来るようになった*1ので、個人的な感想。*2

PTメンバー数と敵の数が比例している?

カウントしたわけでも無いのだけれど、PTメンバーが少なければ少ないほどに、敵のわきも少ない気がするので、PTメンバー数を絞って行くと割と段階を進めやすい気がする
5人PTの時と、ペア~トリオの時では「体感」で済ませてしまうには無理があるくらいの差がある。

レベル差に気をつけたい

レベル差がある場合、レベルが一番高いPTメンバーに1段階目のモンスターのレベルが設定されるので、低い人の与ダメージが露骨に減少したり被ダメージが増加する。
PTメンバー数を絞って行く場合、レベル差は少なければ少ないほど良いかもしれない。
1段階目~30段階目までの間に何段階毎かに、モンスターのレベルも上がっていくので、PTメンバーのレベル差は割と大事かもしれない。

出現するモンスターのレベルに関する仕様変更:

この記事で、防衛戦におけるPTメンバーのレベル差によるモンスターレベルついて書いていますが、11月のメンテナンス「ミッションでのモンスターレベル算出式を変更」によって現在は以下のように変更されているようです

変更前:PTで最も高レベルなキャラクターのレベルに合わせて1段階目のモンスターレベルが設定されていた。
変更後:PTメンバーのレベルの平均値によって1段階目のモンスターレベルが設定される。

火炎の結晶あつめ

後述するNPCコマンドを利用するために火炎の結晶を集めておくと、クリアや目標段階達成が割と楽になる気がするので、防衛戦のマップ上に、火炎の結晶を集めたい。
火炎の結晶は、採取時、PTメンバー全員に反映されるわけではなく、キャラクター個別にカウントされるので、一人が火炎の結晶集め役をやる方が色々都合が良い気がする。
タイミングをあわせて数人で採取を試みる事で一つの採取ポイントから複数人が入手する事も出来るようなのだけれど、全員が音声で繋がって同期が取りやすい状態であるなら別として、文字チャットでは同期や位置を知らせるのが難しい*3し、ストレスたまりそうだし、一人が全力で走り回って採取した方が余裕のある内に個数が集まると思うので、採取役を事前に決めておくのが無難な気がする。同じ画面に丁度居合わせて余裕があれば「一緒に取る」とかなら有りだと思うけれど、ガチガチに一緒に取るルールを決めてしまうと、ミニマップも表示されない中で合流するまで動けないので、気疲れしてしまいそう。
採取役を決めておけば、採取に回りづらくなるくらいに状態がきつくなる15段階〜20段階あたりまでに、30個以上は揃う。ソレ以降、採取に熱心になったりすると逆にピンチで本末転倒な事も多いので、バフは30個までで採取をやめているけれど。フェイドとかあるのでクレリック系が採取役をするのが良いかもしれない。エキス変換器(NPC)を操作する場合もフェイドは便利。

火炎の結晶を使って実行出来るNPCコマンドが便利

防衛戦が開始されて、ところどころに落ちている「火炎の結晶」を集める事で、NPC「エキス変換器」から、防衛を有利にするためのコマンドを実行出来る。

f:id:otapps:20161030121901j:plain

こういうの。

妨害の魔法陣

2分間、モンスターの移動速度を減少させる。
火炎の結晶10個必要。

蜘蛛糸生成

よくわかんないのだけれど、モンスターの動きを一定時間停止させる。
火炎の結晶15個必要。


って感じ。
防衛ミッションの目的と達成条件は「殲滅」ではなく文字通りの意味で「防衛」であって。
モンスターをどれだけ狩り残そうが、ボスを狩り残そうが、30段階終了までたいまつのHPを0にしなければ大勝利(ミッションクリア)なので、24段階の宝箱が出た辺り*4で逃げに入って、2分持続で消費する火炎の結晶も少ない「妨害の魔法陣」(モンスターの移動速度低下)を常時使用*5する事で25段階目~30段階目までがかなり楽になる気がする。(途中で「妨害の魔法陣」を長時間切らしたりすると、移動速度低下でたまってたモンスターがどわっと来て割と地獄絵図。)*6


ピンチの時は「蜘蛛糸生成」が便利。

たまに出て来るボスモンスター。

出て来る段階も、出て来る種類も違うのだけれど、稀にボスモンスターが出て来る事がある。
倒すと何か出るのかとおもえば、そういうわけでもなさそうなので、余裕があるときでもなければ出た時点で遠ざける(捨てに行く)のが良いかもしれない。
捨てる事が出来ないタイプ、捨てに行くのが困難なら、その時点でクリアとか色々諦めて、NPCコマンドとか使いつつ、とにかく逃げに回って、出来る限り引き伸ばして宝箱回収に走るとか。

もう無理ゲー!と思った時は…。

「PTほぼ全壊!立て直し困難!もう無理ゲー!」と思った場合は、戦闘不能状態でもマップに残っていると、生き残ってる誰かが宝箱を開ければその分の報酬は入るので、「ソウルクリスタルでの復活」や「フィールドに帰還してから復帰」するよりも、「戦闘不能状態で待機」がおすすめかもしれない。(即席PTだとやりづらいかもしれないけれど。)

ぶっちゃけ…。

5人PTでのクリア経験はなし。けれど、防衛戦結構楽しいので出来れば通いたい。*7
てか、クリア時に50ポイントうんたら~って出るけれど、あのポイントは何に・どこで使えるものなのか気になる。

その他

  • 6段階目より前は一方向からしかモンスターがやってこない気がする事と、モンスター自体、簡単に殲滅出来そうな感じのものが多いので、即席PT等の場合、各自戦闘しに走るよりも、中央待機で「打ち合わせする時間」とかにあてても良いかもしれない*8
  • 防衛戦参加自体はLv120から参加可能で、報酬として経験値カードやポーション類(防御・攻撃系・スタミナ回復系等)、その他キューブ等が手に入るので、直接的な経験値上昇は無くとも、結構おいしい気がする
  • たいまつは割と頑丈なので、低段階の内はタンクとして利用しても良いかもしれない(ヒールでHP回復可能)

*1:お互い慣れてきた事と、火力さんが強い事が大きいのだけれど。

*2:直近の目標(とりあえずクリア)を達成して初めて「手順」や「やり方」について考え始める。

*3:序盤は出現する火炎の数も少なく、複数の画面にまたがっているので、採取役以外が火炎の結晶を見かけたら、採取せずに↑→←↓みたいな方向指定で知らせる程度にした方が良いかもしれない。ここで、目的(クリアや段階進行等)と手段(火炎の結晶を集めて進行をラクにする)がごっちゃにならないようにしたい。

*4:宝箱だけなら、25段階目以降の宝箱では、何かよくわからないポーション類と経験値カードとかなので、24段階で終えても良い気がする。

*5:残りの有効時間は表示されないので、宝箱の段階やモンスターの移動速度で判断して、切れてるようならNPCから操作

*6:クリアではなく、24段階目までの宝箱(黄色キューブ・ジェム研磨剤や、ミスリル・テラニウム等)を取る事を目的とするなら、それこそ18段階宝箱が出た辺りで「妨害の魔法陣」を常時使用しても良いかもしれない。

*7:低段階で失敗したとしても楽しい。

*8:コミュ障のバフには無理だけれど。